2007/09/24

gungi(軍議)でのライトニングトークとプレゼンの先生

9/21(金)に、エンジニアによるエンジニアのための勉強会「gungi(軍議)」に参加させて頂いた。
5分間のライトニングトークの枠を頂いて、位置情報ロカポの紹介をさせてもらった。

プレゼンが下手で苦手な私だったが、ちょうど直前の9/11~9/14に大阪のポリテク関西というところで「English Presentation Technique」というセミナーを受けたばかりだった。プレゼンの構成、パワポの作り方からはじまって、姿勢、ジェスチャー、見せ方、などなどいろいろ講師からアドバイスを受け、最後にプレゼンを発表した姿をDVDに撮ったものをもらえる、というセミナーだった。私はもちろん、「位置情報ロカポ」を紹介するプレゼンをテーマにやった。

その講師は、Roman Meshonというボストン出身・高知県在住のアメリカ人で一人一人に的確なアドバイスをくれた。セミナー最終日にはローマン先生と受講生達で大阪の町に飲みに出かけいい友人になった。

ちょうど、飲んでいる最中に軍議でプレゼン(ライトニングトーク)をやれば?という電話をもらった。なんというグッドタイミング。当然セミナーでRomanにアドバイスをもらった原稿をベースにやることにした。

ところが、とても悲しいことに、そのRoman先生が3日後の9/17に事故でお亡くなりになったと聞いた。もらったメルアドにメールして"keep in touch" と書いた返事が、同僚の方からのメールだった。私はすっかり動転してしまった。

Gungiに参加した9/21日の前日の深夜、彼の遺族にCondolence(お悔やみ)の電報を打ったところだった。というわけで、GungiでのプレゼンはRomanの弔い合戦のようになってしまった。Gungiが始まる直前、1時間ほど時間をつくり、カラオケボックスに入って、DVDの中で私にアドバイスをくれるRomanを何度も見ながら練習を重ねた。時折涙が出てきた。

実際のGungiでは5分のプレゼンが自分としては非常にうまくいった。緊張もせず、適度に笑いもとれて、うまく伝わったと思う。後の懇親会では、プレゼンが良かった、というお声もいくつも頂いた。プレゼンが下手で苦手で、本来は人前で話すもの苦手な私では考えられないことだ。Romanの授業とアドバイスのおかげである。

Roman, I dedicated that presentation to you.
I made it, my friend, thank you.

0 件のコメント: